人間関係によって医療の質が変わる

看護師は職場の人間関係を上手く作れないと、多大なストレスを抱えながら仕事をしていかなければならなくなってしまいます。
医療は人の命を預かる仕事なので、少しでも患者さんの命の安全を確保出来るように、日頃からチームワークを磨いておくことが重要です。
ギスギスした人間関係は、早期に解消をしておかなければなりません。

職場のチームワークを改善させることは、看護師長の務めになります。
管理職ポストの人がしっかりと看護師一人ひとりの特徴を把握して、円滑に仕事を回していけるようにすることが大切です。
仲の悪い人がいれば、話し合いの場を持って、問題を解決するなどの工夫も求められるでしょう。
最悪の場合には、人員の配置転換をして、問題解決にあたります。
大きな病院には診療科目がたくさんあるので、比較的、人員の配置転換は容易にできるのが幸いです。
このような工夫をしながら、看護師同士の衝突を避け、看護業務にベストを尽くせるようにしておくことが大切です。

看護師の雰囲気が良い病院は、それだけで通う価値のある場所となります。
そこで働く看護師の雰囲気は患者さんにも伝わり、患者さんは安心して自分の体を預けられます。
また周りの医師や他の医療スタッフとの関係も良くなり、医療の質も高くなる傾向があります。
医療ミスなど深刻な問題も、きちんと人材の管理ができている病院ではほとんど起こりません。
看護師として就職や転職をする際には、実際にその病院に足を運んでみて、働いている人たちの様子を観察してみるのが良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です