患者さんの我が儘には毅然とした態度を

看護師として病院勤務を始める際に注意したいのが患者さんとの人間関係の問題です。
あまりにも看護師の人手不足の病院は、患者さんとの良好な関係作りの時間も取れないため、トラブルや問題を抱えてしまう傾向があります。

医療関係の現場には、健康に不安を抱えている人が数多く訪れます。
時と場合によってヒステリーを起こされたり、理不尽なことで言いがかりを受けたりするケースがあるかもしれません。そこに病気の症状のような正当な理由がある場合には、出来るだけ話を聞いて不安を取り除くことが看護師には求められます。
そもそも看護師は、医療行為のアシストだけでなく、患者さんのメンタルケアも大切な仕事の一つなのです。

一方で、あまりにも筋が通らないことで我が儘を言われたり、恫喝されたりした場合は、毅然とした態度を取ることが大切です。
一日に何度も患者さんに足止めを食らってしまうと、他の仕事が滞って別の患者さんに影響が出てしまいます。
患者さんのメンタルケアは大切ですが、他にそれと同じくらい大切な仕事もたくさんあるはずです。

筋が通らないことを言ってくる患者さんには、出来るだけ角が立たない形で穏やかに対応しましょう。
看護師までも怒ってしまったのなら、他の患者さんも心配してしまいます。
もしも自分一人では対応方法が分からない場合、迷わず先輩看護師や上司に相談して、適切な対処方法を学びましょう。
その病院で自分より経験を積んでいますから、同じようなトラブルが過去にあったかもしれません。