看護師同士のトラブル

どんな職場であっても人間関係の悩みはあるものですが、特に医療の現場で働く看護師は深刻な悩みになりやすい傾向があります。
その理由は主に以下の三点に挙げられます。

(1)女性の多い職場であること
一般的に女性は感情論で考えやすいといった特性があるため、どうしても女性同士が集まると陰口を言ったり、無視をしたり、噂話を流したりといったことが起きやすくなるのです。

(2)命に関わる仕事であること
医療の現場で働くということは、患者さんの命や生活に関係してくることでもあり、非常に責任の重い仕事になります。
そのため経験が未熟な看護師に対して、先輩からの指導は厳しくなることが多くなります。

(3)看護師の価値観や看護間の違いがあること
医療の現場では、年代やライフスタイル、経験の異なる人がたくさん働いています。
しかし、医療の現場はチームワークで仕事をしていくことが大切です。同じ方向性で仕事をしていくときに、時々、経験値や知識の差が出てしまいスタッフ同士が衝突してしまうことがあるのです。

このような人間関係に悩みを持った場合には、どのように乗り越えていけばいいのでしょうか?
まずはその悩みの原因を知ることが重要になります。普段の自分の行動を見直し、反省するようにしましょう。
誰しも、看護師として出来るだけ周りの人と上手くやっていきたいものです。
看護師としてより長く活躍するためには、上手な人間関係の作り方を知ることが重要です。